ビジネススキルを磨く【知識欲】

【ビジョン】スキル

価値のある【知識欲】

私は、今、

背伸びをしないと付いていけないような職場で働いています。

自分の能力をあげるために飛び込んだ場所です。

知識不足からのスタートでした。

ここへ挑んだ目的は、

「挑戦している人との出会い」

その時の気持ちのページです↓

私のマインドマップ【③挑戦の目的】

挑戦している人は、挑戦している人を応援してくれる

そんな場所でそんな方たちと一緒に頑張りたいと思ったからです。

ここは、思った通り、

高い知識を持っている人達が挑戦し続けている場所でした。

”まだまだ上がいる”と、自分を高く評価せず、前へ向いて挑戦していました。

そして、

私のように知識がない人には惜しみなく、自分の知識を与えてくれる人たちでした。

目指したい人との出会い

私のような未熟な存在に、

大切な時間を与えてくれた人との出会いがありました。

会社の問題となっていることで、

解決していないことがあって、

「どうしたらいいのでしょうね・・・」

っと、軽く話を始めたら、

「私の部署でも同じ問題が起こってて、今年度から新しい方法を試していますよ。」

・・・

そう話してくれた方は、

月に2,3回だけ私の部署で作業しに来る方で、

その、貴重な1日目に出会えて、会話できた時の話です。

・・・

「っというのも、私が決めたミッションで、今年は問題解決に力を入れるって決めたのよ。」

「その、一つ目の対策案なんだけどね。」

カッコイイ話です!(^^)!

「この問題は、

”知識がない人がなんとなく前例に従ってやっている”のと、

”思い込みで始めたことがルールになってしまっている事”、これが原因なのよ。」

と。

だから、その人が、

正しい知識で一括して責任を持って取りまとめて、

無駄を省き、「これでいいのよ!」っと正しい手順を浸透させる。

これが目的のようでした。

「なんて無駄なことに時間をかけているんだ・・・」

「知識のない人が”このほうがいい”とか揉めてるけど、間違ってるよ・・・」

このもやもやをなくしてスッキリさせる。

「ね、このほうがいいでしょ(^^♪」

っと教えてくれました♪

活かせる知識が必要

文句を言って、誰かにやらせる。。。

そんな人はたくさんいますが、

「私がやる!」

っと言ってくれて、

「自分のミッションだから」っと、

自己欲として行動しています♪と言えること。

そして、

その知識を持っているからできること。

しかも、

知識がない人を責めるのではなく、

助けるための行動。

その方法を、私でもわかるように、しっかりと説明できる賢人。

”かっこよすぎる!!”

「わたしもその知識欲しい!!!!」

その日から、仕事の空き時間に自分で調べて自習を始めています。

(^^)/

自ら欲した「知識欲」

こんな流れで、

誰にも求められていませんが、

その人がカッコよすぎて、

私もその人に近づきたい!っと始めた学習。

この学習が、

このたび、少し「身を助ける武器」として、発揮してくれました。

職場には、

こんな素敵な人たちの中に2人だけ、

パワハラさんとその手下の人がいて、

その2人に、今回私がターゲットにされ、

「仕事ができない奴」っと、私の上司にすりこみされてしまいました。

その上司も何も確認せず、鵜呑みにし、

(わたしがアホっぽいから信じた?)

私がいつもさぼっている!っとレッテルを貼られ、

「今何をしていますか?」

っと、その上司から突然メールが来ました。

疑われている???

(いままで1年半、こう聞かれたことはありません。)

派遣社員の仕事ですが、

勤務時間に、空き時間があり、

自習する時間があります。

公表するつもりはありませんでしたが、

「私には○○の知識がないので、取得に努め、集めたデータをもとに自習しています。」

「私が集めたデータです。(多量貼り付け)」

っと返してやりました。

「了解しました」

と、あっけない返事でしたが、失礼な上司です。

これまで、

「仕事がない時間が多くてごめんね。」

っと”暇でもこらえてね”

くらいに言ってきていたのに。。。

(ホワイト企業で余裕がある人数を起用しているため暇が生じます)

でも、

これをきっかけに、

「この分野に本気で取り組もう!」っと

気合が入りました。(^^)/

市場価値”8割の人が持っていない知識”

私がかっこいい!っと思た人が、

この職場で、その知識で取りまとめられる要因は、

「その知識が必要なのに、持っている人が少ない。」

ということです。

なんとなくは知っているが、

その知識を繋げるほどの量を持っていない人がほとんどで、

その業務を任せられると、

調べるところから始めないといけないので、

労力がかかる。

やりたくない。。。

っとなります。

私が、その人の弟子になり、

同じくらいの知識を身に付けたら、

この職場以外でも活かせるものになるかもしれない。。。

「知識欲」を新たなビジネススキルとして加えて、

頑張っていきたいと思います。(*’▽’)

たまに現れるその人が、

「次は●日に来るよー」

っと話してくれると嬉しくなります♪

今の職場にその人が一人加われば、

「良い人率」が上がるので、

気持ちの良い空間になります(^^♪

変な人が邪魔してきますが、

突き進んでやろうと思います!

◀前へ ビジネススキルを磨く【再起力】

コメント

タイトルとURLをコピーしました